バイク初心者がスリップダウン?した話

バイクの転倒でスリップダウンと呼ばれる倒れ方があります。

タイヤがスリップする事でバイクが転倒することをスリップダウンと呼びますが、経験の浅いバイク初心者がスリップダウンすると転んだ理由が理解出来ない。

と言うのが、恥ずかしながら、私の実体験。

どうしてスリップダウンしたのか?被害がどれ程だったかのか?自分への戒めも含めて、ブログに書いておこうと言うのがこの記事です。

スリップダウンはどうして起こるのか?


タイヤがスリップする事で起こる転倒ですが、スリップする原因はさまざま。

ここでは、限界走行をするレースで起こるスリップダウンではなくて、初心者がやってしまうスリップダウンについて考察します。

フロントスリップの原因は「握りゴケ」

フロントブレーキを掛けすぎてフロントタイヤがロックすると、フロントスリップし一瞬でバイクが倒れます。

初心者に多いのは、危険を感じて緊急ブレーキを掛けたとき。つまりは、握りゴケ。

バイク教習の急制動で握りゴケを経験した人もいるはず。

私の場合、林道を走っているときに、張り出た枝の下をくぐろうとしたら、大きな蜘蛛が巣を張っているのを見て、緊急ブレーキ。その瞬間、フロントからスリップして、地面に叩きつけられたことがありました。
その時は、極低速の転倒で、ブレスガード付きのジャケット着てても、胸を打った衝撃でしばらく動けなかった。
フロントからのスリップダウンは地面に叩きつけられるから怖い。

コーナー侵入速度が高くて、グリップ限界越えてスリップすることもあり得るけど、通常はリアからスリップします。フロントからスリップするのは、コーナリング中にフロントブレーキを掛けたときか、路面の浮き砂や濡れたマンホールの蓋等の障害物のせい。

コーナー途中にフロントブレーキかけたり、路面状態で滑ってしまう速度は、公道ではあり得ないスピードです。

リアスリップの原因は、ブレーキ掛け過ぎかアクセル開け過ぎ

リアスリップは、フロントよりも良く起こります。

コーナー侵入時にリアからスリップダウンするのは、ブレーキの掛けすぎによってリアタイヤが滑りだすから。

コーナー立ち上りでリアからスリップダウンするのは、アクセルを開け過ぎてリアタイヤが空回りするから。

リアからのスリップダウンは、滑りながら倒れ込む感覚です。
倒れるまでに少しだけ余裕があるので、怪我が少なくてすんだり、慣れたライダーならスリップしても倒れるまでにリカバリーしてスリップダウンを回避することもあります。

リアスリップから起きる超危険なハイサイド

アクセル開けてリアスリップしている時に急にグリップが回復するとバイクが起き上がる力が強く反対側に撥ね飛ばされるハイサイドが起こります。

ハイサイドは、バイクも人も空中に飛ぶ程の衝撃で超危険です。


バイク初心者の私がスリップダウンした原因を考える

スリップダウンしたのは登り勾配にあるRの小さい右コーナーの出口でした。
後続車や対向車が来る前に素早くバイクを起こして、路肩に避難した後の写真。

消えかかったオレンジのセンターラインに沿って、バイクがスライディングしてアスファルトに付けた傷が残っていました。(道路を傷めてごめんなさい)
コーナー出口の本来ならバイクが半分以上起き上がっているはずの場所で転倒し、そのままコース(ではなく道路)上をスライディング。

スライディングでマフラーが削られ。

2人乗りすることは無いけど、転倒時のガードになると思って付けたままにしているタンデムステップは、その役割をしっかり果たしてくれました。


転倒するとステップとハンドガードは、必ず地面にぶつかります。

車体の被害は、上記の写真程度で、オフ車なら良くある傷で、大したことないです。
これが、SS(スーパースポーツ)バイクなら、カウルが割れて大きな出費となるのでしょう。

ライダーの方は、バイクの後ろをスライディングしたけど、元々スピードが出てないので直ぐに止まり、スライディングしていくバイクに取り残されるマヌケな格好。
プロテクター入りのライディングパンツとジャケットで防御万全なので怪我は無いけど、ジャケットに穴が開いて、痛い出費です。

なぜスリップダウンしたのか?

コーナー中盤からアクセル開けながら、リアが滑る感覚がありました。滑ると言っても一気にツルッと行くわけではなく、ズルズルと滑るオフロードタイヤ特有の滑り出しかたで、まだ転ぶとは思っていなかった。
グリップ回復させようとアクセルを少し戻したら、呆気なくストンとバイクが倒れてしまいました。

つまりは、「パーシャルごけ」ってやつ?

パーシャルごけとは

バイクは傾けて曲がる乗り物ですが、コーナー後半で傾いたバイクが起き上がるのは、アクセル開けて推進力を得ると自立しようとするジャイロ効果が働くからバイクが起き上がる。

それが、アクセル開けるのが不十分だと、ジャイロ効果も少なく、傾いたバイクを起こすのは至難の技。

コーナー後半でアクセル開けれないでパタンとバイクを倒してしまうのが「パーシャルごけ」と言われる転倒で、初心者にありがちな転びかた。

まだまだ初心者だった

WR250Rにも乗りなれて、結構乗れている気になっていましたが、まだまだ初心者だったから転んだという話でした。



スポンサーリンク
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

2 件のコメント :

  1. オフ車の傷は勲章の証というのは?


    こっちも両ハンドガード+サイドケースはガリガリしております。

    返信削除
    返信
    1. オフ車に傷はつきものですね。
      気にしていると楽しめなくなるので気にしない様にしています。

      削除